あのオレンジ通信とは関係ないですよ。残念!
by taka9_mika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
J2昇格条件をクリア!
サポの中心で雄叫びを上げるズーパーの写真(週間JFLニュース)
試合終了のホイッスルと同時にサポータの方に涙一杯の顔で走ってきて、皆で泣きながらのバンザイだったそうです(RNBラジオ勇敢!勇次郎!より)

なにも言葉がありません。
愛媛FCの選手&スタッフ、都田まで応援の皆さん。
おめでとう、そしてありがとう。

b0003004_173633.jpg

[PR]
by taka9_mika | 2005-11-27 17:05 | 愛媛FC
勝利が一番のエネルギーだ
b0003004_21102519.jpg

流通経済大学戦のバックスタンド側(観客多し)の様子です。

観客数は38xx人だったのかな、ハーフタイムの時のアナウンスが聞き取れなかったのだけど、前回競技場で行われたYKK AP戦よりもはるかに多くの人が詰めかけてくれていたように思いました。
前日の愛媛銀行のサポート(愛媛銀行が愛媛FCに650万円増資、行員サポーターズクラブも発足。)というのも追い風になったのかもしれません。

今日の結果は知ってのとうり、愛媛FCが2-0での勝利。
(相変わらずの決定力不足と守備のポカはありましたが、求められているのは勝利(勝ち点3)ですから内容は問いません。)

次節(日曜日)に勝利するか、3位のアローズ北陸が(土曜日に)負けるか引き分けるかすれば愛媛FCの2位以内が確定する。
この際、他力本願でもなんでもいいです。土曜日に決めてくれ〜
[PR]
by taka9_mika | 2005-11-20 21:37 | 愛媛FC
痛い引き分け
痛い引き分け、我らが愛媛FCは「さあ、これからだっ!」とかいうと必ず負けてしまうのでもう言いません。とりあえず結果のみ。

●今節の試合結果
流通経済大 2−2 ホンダロック
横河武蔵野 1−2 ソニー仙台
アローズ北陸0−0 栃木SC 
デンソー  1−2 YKKAP 
佐川印刷  0−1 佐川急便東京 
佐川急便大阪2−3 FCホリコシ   
SC鳥取  1−1 愛媛FC 
三菱水島  1−5 ホンダFC

●順位と勝ち点(得失点)
1-YKKAP 57 (33)
2-愛媛FC  57 (22)
3-栃木SC  53 (28)
4-ホンダFC 53 (24)
5-アローズ  52 (23)

残り3試合、愛媛FCが全勝すればもちろん2位以内確定。
栃木が全勝した場合(その可能性は大)には、愛媛は2勝1敗で2位以内、1勝1敗1分けだと3位以下、1勝2分けでも得失点差で3位以下となる。

しかし、今日の引き分けが負けで、栃木SCが勝っていたら「これからだ」どころか「これまでだ」だったような気もするわけで。愛媛FCは実は強運なのかも、と思ったりもする今日この頃です。
[PR]
by taka9_mika | 2005-11-13 17:33 | 愛媛FC
残りは成績のみ
本日、加戸愛媛県知事、中村松山市長、亀井愛媛FC社長(他、皆さん)がJリーグのヒアリングへと赴きました。
その様子は夕方のニュースで各局一斉に流されたのですが(NHKローカルなどトップニュース)それによると、愛媛FCのJリーグ加盟は「後は成績次第」愛媛FC加盟でチェアマンヒアリング(南海放送サイトより)というところまで漕ぎ着けたとのことです。

愛媛FCをJリーグへの署名も鈴木チェアマンにしっかり届けられました。
署名に対しチェアマンからは「これで愛媛FCのことを22万人の人が知ってくれたんだね」(プロサッカークラブを作ろうさんブログより)という言葉を頂きました。

この場を借りて、署名頂いた皆さん(職場で駆け回ってくれたJさん、関西の伯母さん、このサイトから署名に赴いてくれた皆さん)本当にありがとうございました。

あとは成績のみ、とは言ってもここからが正念場。
今現在はJへの夢ロケットの3段目、大気圏脱出のための最後のエンジンが最大のパワーで燃焼している瞬間です。
そしてその燃焼を助ける酸素が皆さんの声援なのだと思います。`
愛媛FCをJリーグへ、皆で一緒に愛媛の夢ロケットを打ち上げましょう。
[PR]
by taka9_mika | 2005-11-11 21:34 | 愛媛FC
夢まであと4つ
この最近、愛媛FCの試合のある数日前になると寝付けない日々が続く…。
試合に勝つとか負けるとかじゃないけど、夢の中で選手と自分がミニゲームをしていたり、その中で具体的な話を交わしてみたり、起きているのか、眠っているのか(夢なのか考え事なのか分からないよう)そんな夢を見ながら眠れなかったりする。

正直自分がこのようなプレッシャーに追い込まれるとは思ってなかった。
外から見ている自分が押し潰されそうなのだから、当事者である選手はそれこそ想像を絶する精神状況で戦っているのだろうと思う。
だけども、苦しいけどこうして自分たちの手で愛媛サッカーの未来“Jへの扉”を開こうとしてる、今その場に立ち会える自分はとても幸せなのだろうと思う。
愛媛FCがJリーグに入る、まだその扉は開けてないけど、その場に立ち会い(サポートすることで)そこに自分も参加できるかもしれない。
しっかりとこの目に焼き付けておきたい、その時間その場所の空気を感じておきたい。

残りの4試合、スタジアムに行って声援を送り(ホームでの2試合)自分の
中の愛媛FCライブラリに特別な1ページを加えたいと思ってる。
[PR]
by taka9_mika | 2005-11-08 21:54 | 愛媛FC