あのオレンジ通信とは関係ないですよ。残念!
by taka9_mika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
愛媛FCへ頼もしい新戦力
この度、弊クラブ所属、MF石丸清隆選手(31歳)が愛媛FCへ期限付き移籍(移籍期間:2005年10月28日から2005年12月4日まで)することに決定いたしました。
●石丸清隆(マルさん)
ポジション : ミッドフィルダー
生年月日 : 1973年10月30日
出身 : 大阪府出身
身長 : 175cm
体重 : 70kg
所属チーム経歴 : 枚方FC→阪南大学→アビスパ福岡→京都パープルサンガ
----------------------------------------------------------
★プレースタイル
攻守のバランスをとる職人的ボランチ。昨シーズンポジションの由来どおり、
ボールを左右にさばいてサイド攻撃の起点となるキーマンとしてプレーした。
どんなプレースタイルの選手とポジションを組んでも、パートナーの持ち味を
引き出し、スペースを埋めてバランスを取ることに徹するいぶし銀の動きに
定評がある。
また、柔和な人柄からチームメイトの信頼も厚く、昨年はキャプテンとして
チームの精神的支柱となった。今シーズンは抜群のポジショニングやすぐれた
戦術眼にますます磨きをかけ、円熟したサッカーでファンを魅了して欲しい。
(京都パープルサンガHPより)
----------------------------------------------------------
本日の午後、愛媛FC事務局にて亀井社長とゴンナズローGMを交え懇談する
様子が流れていたので、早ければ30日の佐川印刷SC戦に間に合うかもしれ
ません。
試合の流れをコントロールできる経験豊富な守備的なミッドフィルダー
今現在、愛媛FCが一番必要としていた部分の補強かもしれませんね。
流れを見るに、おそらく京都のJ1昇格が決まるまでは保留ということで話を
進めていたのだろうと思いますが、だったら京都の昇格があと1週間早ければ
と(可能性があっただけに)そんなふうにも思ってしまいます。

とにかく請う御期待、つーか無茶苦茶期待!
[PR]
by taka9_mika | 2005-10-26 20:18 | 愛媛FC
暗雲立ちこめる…
b0003004_17565279.jpg

黒い雲に覆われた愛媛県陸上競技場

心配していた観客動員だけど、この時折小雨のぱらつく天気の中、思ってたよりも多くの人が集まってくれました。(3652人らしい)
結果は残念ながら1対0の負け。
試合内容は決して悪くはなかったと思うけど、なにせ失点シーンが、なんであんなにサイドからのクロスを簡単に上げさせてしまうのだろう?
そしてそのボールに飛び込んでくる相手に対してDFの身体の寄せがないのだろう…。
あのように1つのミスが試合を決めてしまう。

後半、友近に変わって33FW田中を投入してからは何度もチャンスを作れていたし(それを決めきれないのが課題だけど)良いところも多かっただけに
本当に残念。

痛い痛い、痛すぎる負けでした。ガックシ
寒空の中、カップ入り唐揚げの美味しさが唯一の救いでした(なのか)
--------------------------------------------------------
●愛媛FCをJリーグへ 署名活動行ってます。(29日〆)
http://blog.goo.ne.jp/forza_ehime-fc

これをA4サイズの用紙に印刷して(最初の一枚以降はコピーしたほうが吉)
それぞれが頑張って署名をお願いしましょう。

●ネット署名はこちらから
http://ehimefc.excessor.net/
[PR]
by taka9_mika | 2005-10-22 18:01 | 愛媛FC
勝つ為の試合の終わらせ方
鈴木昌チェアマンは記者会見で「あとは成績を見極めるだけ」と述べ、JFLで原則2位以内なら入会を認めるとの方針を示した。
その見解を受け、残るは成績“残り試合を全勝し優勝でJ2へ上がろう”という流れになるのは当然だと思うけど

どうしても勝てない流れのまま引き分けで充分な試合の場合、きちんと引き分けて確実に勝ち点1を拾っていくことも大事になると思うし、これからは残りの試合をひとつのゲームとして考えるような、そういう冷静な戦い方が必要になってくるだろうと思う。
サポートする側も一つの試合に一喜一憂するのでなく、自分も選手の一員として、熱いハートに冷静な思考で残り時間を戦い抜いて欲しい。

残りの試合こそ愛媛FCの不得意とする最後の15分だと考えて、あくまでも結果を得るための上手な戦い方、ある意味汚いと言われる試合の終わらせ方をして欲しいものだと思う。

これから大事なのは無事に試合を終わらせる(ゲームをコントロールする)経験と技術になってくるのだろうから。

(小原サポとしてのひと言)
ホンダFCやザスパ戦のように、愛媛FCが残りの5分で負けたりする試合を観ると、なぜ小原選手のような経験豊富な選手を投入してキチンと試合を
終わらせないのか?
キチンと試合を終わらせることも大切な技術なのに、なにやってんだ監督は!
と、個人的には思ったりする。
--------------------------------------------------------
●愛媛FCをJリーグへ 署名活動行ってます。
http://blog.goo.ne.jp/forza_ehime-fc

これをA4サイズの用紙に印刷して(最初の一枚以降はコピーしたほうが吉)
それぞれが頑張って署名をお願いしましょう。

●ネット署名はこちらから
Jリーグに上がれる鴨の記念署名でもひとつやってみませんかヽ(´ー`)ノ
http://ehimefc.excessor.net/
[PR]
by taka9_mika | 2005-10-19 21:44 | 愛媛FC
残りの時間をしっかりと
前回の知事への批判メールについて「もりもり盛り上がる雲へ歩む」ブログさんに具体的な記事が出ていた。

県広報広聴課によると、鈴木昌Jリーグチェアマンが「愛媛FCのJリーグ入りは困難」と述べた9月13日以降、「Jリーグ規格に合った改修を」「できる限り素早い対応で愛媛FCのサポートを」「参入困難としたJリーグ側に抗議を」などと県の支援を求めるメールがサポーターなどから続々と届いた。
しかし、同月20日に加戸守行知事が9月定例県議会の帽子敏信氏(自民)の代表質問に答える形で愛媛FC支援に前向きな姿勢を示して以降、支援を求めるメールは少なくなり、反対意見が多く寄せられるようになった。
(上の記事より抜粋)

これってかなりまずい状況じゃないかと思う。
あるものに批判的な立場の人はその叶えられなかったエネルギーをずっと持っていられるけど、叶った人はそこでそのやらなければいけない気持ちを持ったまま停止させてしまう。
モチベーションを維持するためには常に前へと進み続けていないと。

鈴木チェアマンによると、行政の素早い対応ももちろんだけど、ホームの試合に8千人を動員出来る力を見て愛媛FCが地元に支えられたクラブであると感じたのが大きかったらしい
ということは、次節以降も5千人〜7千人は観客を集めないと「あの時だけの一過性の集客では困る、直接関係ないとはいえザスパ草津にも勝てていないし、もう少し下のリーグで力を付けてからでも遅くないのでは…?」などとも言われかねない。
次節以降もし8千人の観客が4千人になり2千人になったら、最終戦でまた8千人に戻ってもやはり一時の勢いだったとしか見て貰えないかもしれない。

限りなく○に近い△発言は、どんなにマルに近かろうが△は△なわけで
サンカクというのは“まだ分からない”ということであり、ここのところは勘違いしてはいけないだろうと思う。

なんだかもう「あとはもう順位(原則2位以内)だけ」みたいな空気が勝手に出来上がって愛媛一帯に(マスコミ含め)漂ってるように感じる。
これから今まで以上にもっと危機意識を持たないと、また同じ轍を踏むことになるんじゃないかと心配でならない。

ここからがおそらく愛媛FCをJに上げる勝負の残り5分の始まり
--------------------------------------------------------
●愛媛FCをJリーグへ 署名活動行ってます。
http://blog.goo.ne.jp/forza_ehime-fc

これをA4サイズの用紙に印刷して(最初の一枚以降はコピーしたほうが吉)
それぞれが頑張って署名をお願いしましょう。

●ネット署名はこちらから
http://ehimefc.excessor.net/
[PR]
by taka9_mika | 2005-10-12 21:04 | 愛媛FC
それぞれの気持ちを伝えよう
前回チェアマンの「限りなく○に近い△」発言があったが、どんなにマルに近かろうが△は△である。サンカクというのは“まだ分からない”ということであり、ここのところは勘違いしてはいけないと思う。
前々回チェアマンに言われたように、Jの扉は受け入れる側(Jリーグ)の都合でそのつど上がりも下がりもする。来期の奇数リーグでの開催はワールドカップイヤーという特別な事情もあり他のJ2チームからの同意を取り付けるのも難しい。

ここで愛媛FCがすべきことはキチンと二以内に入ること、県民の盛り上がりを一時的な現象で終わらせない(そう思われないために観客数をある程度以上に維持し続ける)こと、同時に署名活動も一層すすめていくことだろうと思う。

あと必要なのが自治体への後押し
今回の予算計上について「財政が厳しいのに、なぜサッカーに多額の税金を使うのか」などの批判メールがあれから多く来ており、知事も県民の声として気にしているとのこと。
もちろん、サッカーに対する予算に文句を言うのがけしからんなどとは言うつもりはないし、人それぞれ意見があっていいと思うけど
おそらくこのブログを見てくれてる人の多くは今回知事が(申請に間に合う形で)予算を組んでくれたことに感謝してくれてると思うから

それぞれが知事&市長に感謝の気持ちや激励の言葉を送りましょう
(なにも正式な手紙じゃなくて一言メールでもいいと思うし)
絶対にそれが力になります

●加戸知事へのメールは、こちらから

●松山市長へのメールは、こちらから
--------------------------------------------------------
●愛媛FCをJリーグへ 署名活動行ってます。
http://blog.goo.ne.jp/forza_ehime-fc

これをA4サイズの用紙に印刷して(最初の一枚以降はコピーしたほうが吉)
それぞれが頑張って署名をお願いしましょう。

●ネット署名はこちらから
http://ehimefc.excessor.net/
[PR]
by taka9_mika | 2005-10-05 18:01 | 愛媛FC