あのオレンジ通信とは関係ないですよ。残念!
by taka9_mika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
それぞれの気持ちを伝えよう
前回チェアマンの「限りなく○に近い△」発言があったが、どんなにマルに近かろうが△は△である。サンカクというのは“まだ分からない”ということであり、ここのところは勘違いしてはいけないと思う。
前々回チェアマンに言われたように、Jの扉は受け入れる側(Jリーグ)の都合でそのつど上がりも下がりもする。来期の奇数リーグでの開催はワールドカップイヤーという特別な事情もあり他のJ2チームからの同意を取り付けるのも難しい。

ここで愛媛FCがすべきことはキチンと二以内に入ること、県民の盛り上がりを一時的な現象で終わらせない(そう思われないために観客数をある程度以上に維持し続ける)こと、同時に署名活動も一層すすめていくことだろうと思う。

あと必要なのが自治体への後押し
今回の予算計上について「財政が厳しいのに、なぜサッカーに多額の税金を使うのか」などの批判メールがあれから多く来ており、知事も県民の声として気にしているとのこと。
もちろん、サッカーに対する予算に文句を言うのがけしからんなどとは言うつもりはないし、人それぞれ意見があっていいと思うけど
おそらくこのブログを見てくれてる人の多くは今回知事が(申請に間に合う形で)予算を組んでくれたことに感謝してくれてると思うから

それぞれが知事&市長に感謝の気持ちや激励の言葉を送りましょう
(なにも正式な手紙じゃなくて一言メールでもいいと思うし)
絶対にそれが力になります

●加戸知事へのメールは、こちらから

●松山市長へのメールは、こちらから
--------------------------------------------------------
●愛媛FCをJリーグへ 署名活動行ってます。
http://blog.goo.ne.jp/forza_ehime-fc

これをA4サイズの用紙に印刷して(最初の一枚以降はコピーしたほうが吉)
それぞれが頑張って署名をお願いしましょう。

●ネット署名はこちらから
http://ehimefc.excessor.net/
[PR]
by taka9_mika | 2005-10-05 18:01 | 愛媛FC
<< 残りの時間をしっかりと 限りなく○に近い△ >>