あのオレンジ通信とは関係ないですよ。残念!
by taka9_mika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
来季の新加盟に懸念示す?
自分にとって大事なことは、愛媛FCという地元のクラブがこれからも
ずっと在り続けること。そして少しずつ歴史を積み重ねていきながら将来的には愛媛FCが愛媛のクラブスポーツのハブ的な存在になれればいいなと思ってる。

だからJリーグというのは(愛媛FCがこれからも在り続ける為の)手段であって目標でも何でもない。もしも将来Jリーグが5部制くらいになって、3部が西日本、4部が四国、5部が県リーグみたいな形になって、そこの4部でいたとしても全然構わない。
どこにあっても地域に愛され必要とされるクラブであれば、その分の必要最低限の資金は確保できるだろうし、そこで身の丈に合った経営をして、その結果であればその場所はなんでもいい。

だけど正直今はまだそんなチームにはなり切れていないし、いわば地球の周回軌道に乗るずっと手前のまだ飛び立って第一段ロケットブースターの切り離し前くらい(余計に分らん例えだけど)。とにかく今はJに参入することが愛媛FCにとってその長期計画にとって必要なことだと思うから。
だから、今はなんとしても(世間に認知される為に)Jに入っておきたい。

Jに入ればなんとかなるではなく、Jという名前の下で新たに(これまでのように)愛媛の中での愛媛FCの有るべき形を積み上げていくのみ。

だからチェアマン、愛媛は昨年指摘された課題をひとつひとつクリアして
ここまで来たわけで。もちろんスタジアムはJリーグ規格ぎりぎりだし常勤の役員もスポンサーも行政からの支援も、全てがJリーグのチームとしては貧弱かもしれんけども。
だけども田舎のJFLチームとして用意できるものは最低限準備したつもり。
あとは「2位以内の成績を残して」正々堂々とJリーグに参入させて頂くつもりですのでヨロシク。
[PR]
by taka9_mika | 2005-08-19 20:54 | 愛媛FC
<< 福西は少し冷たかったか? 田中俊也が来る >>